So-net無料ブログ作成

◎俳談

◎俳談
【柿食えば】
うめ婆の柿は黙って取ってよし 毎日俳談2席
 戦後の甘味料の乏しい時代に育った子供は、柿の季節の到来をころや遅しと待っていたものだ。熟す前から竹竿で狙いを付けた柿を落とす。よその家の柿だから見つかると「こらー」と怒鳴られる。それでもうめ婆さんの柿だけは、いつ行って取っても怒られない。「そうかいそうかい」とにこやかに頷いているだけだ。それに比べて近ごろは柿を取るいたずら坊主など全く見られない。どこの家も実をつけっぱなしだ。熟して落ちるまで見放されている柿もある。もう一つ取られなくなったものにコイがある。まるまると太って大きくなって我が物顔で川にいる。昔だったらあっという間にとられて、こいこくにされたものだ。柿はうまい。柿を食べると日本の秋を感ずる。
しかしその柿も最近では
思ひ出すやうに柿買う独りかな 産経俳壇入選
という感じになってしまった。柿を食らうと子規を思い出す。
柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺
日本人で知らぬ者のいない名句だ。
柿食らひこの日を子規の日と思ふ 杉の子