So-net無料ブログ作成

◎俳談

◎俳談
【俳句の視線】
妻も書く吾ももの書く寒夜かな 東京俳壇入選
 「夜寒」は秋の季語だが「寒夜」は冬の季語だ。そのイメージは総じて寒い外から帰宅して、暖かい部屋で家族団らんしている雰囲気がある。家族が互いにその存在に気を遣いながら、別々の趣味や仕事に浸る季節でもある。掲句は炬燵で夫婦が物書きに専念している姿だ。この場合パソコンよりも万年筆の方が似合いそうだが、近ごろは携帯やiPadが幅を利かせている。こうした茶の間の雰囲気への眼差しは俳句をつくる好材料となる。例えば
毛糸編む妻に臍繰(へそくり)頂きぬ  毎日俳壇入選
などと言うことになればば誠にありがたい。
湯湯婆(ゆたんぽ)と書けば笑へるなあ婆さん 読売俳壇1席
とからかったりして。しかしプロの俳句はそうした甘さを越えた厳しさがある。江戸時代の俳人桜井梅室は
ふゆの夜や針うしなうておそろしき
と詠んだ。寒々しく恐ろしい感情を冬の夜になくなった針に例えたのだ。