So-net無料ブログ作成

◎俳談

◎俳談
【人生と枯蟷螂】
枯蟷螂(かれとうろう)翅を広げしままとなる 毎日俳壇入選
 若いうちはそうでもないが、年を取ると己の人生と動植物やさまざまな事象などを比較したくなるものである。俳句ではその好例が枯蟷螂であろう。枯蟷螂は冬の季語だ。昔の人はカマキリも草木と同様に緑のカマキリが枯れて茶色に変化したと考えた。実際には種類が違うのだが、そう考えても不思議はない。掲句は庭の枯蟷螂が翅を広げたまま息絶えていたのを見て作った。死を直面するのに枯蟷螂は良い材料となる。
枯蟷螂死に場所と決め動かざる 杉の子
枯蟷螂にその意思はないが、あたかも自ら死に場所と決めたが如く詠んだ。次の句は自分が死んでも他の生命は残っていることを詠んだ。
枯蟷螂死して好餌の過ぎゆけり 杉の子
観察句ですぐれたものを挙げるならば山口誓子の
蟷螂の眼の中までも枯れ尽す
であろう。よほどの観察力がないとここまでは言えない。